ダイビングツアーの選び方

ツアー紹介

近場コース

三重県

三木浦ダイビングパーク 日帰り2ダイブ

名古屋港を朝6:30分に出発。3時間後には、三重県の隠れダイビングスポット。三木浦ダイビングパークに到着。初心者や講習で楽しめるビーチでは、水深2mから石垣をゆっくりと下って行く途中には、様々な魚が確認できる。ボートダイビングでは、出港から約10分でポイントに到着。船酔いの心配もなく初心者でも楽しめるポイント。運が良ければウミガメやネコザメ、カエルアンコウに遭遇できるカメラ派ダイバー向けポイント。

和歌山県

串本ダイビングパーク 1泊2⽇3ダイブ

三重県⽅⾯は、南紀に続く⾼速道路(無料区間も含め)アクセスが⾮常に楽になっています。名古屋から約4時間30分で本州最南端の串本に到着。沖縄でみられる⿂たちがいっぱい⾒ることができる。宿泊予定のログハウス前のビーチでは、沖縄でみられるサンゴがびっしり!リゾートダイビングを味わえるポイント。
ボート、ビーチポイントでは、たくさんのチョウチョウウオやハゼの仲間、エビカニ類を観察できる。2⽇間では物⾜りないかも。

福井県

敦賀市⼿の浦ビーチ ⽇帰り2ダイブ

名古屋より約2時間。夏のシーズンは、このポイント。砂地の浅いポイントでOW講習や久しぶりのファンダイビングに適したポイント。砂地で⼀⾒なにもいなそうだが、よく観察するとタコ、エビ、タツノオトシゴ、イシダイの幼⿂、オコゼの仲間などたくさんの⽣き物を観察できる楽しいポイント。

福井県

越前海岸 ⽇帰り2ダイブ

蟹で有名な越前。ビーチ、ボートともに地形が⾯⽩く夏でも透明度が良いポイント。
⻑須浜にあるダイビングサービス『ブルーマリン』を利⽤し⽬の前のビーチで講習や体験ダイビング、スノーケリング教室を開催。ファンダイビングでは、最⼤⽔深10mの穏やかでのんびりできるポイント。ボートでは出港からポイントで5分から10分と船酔いする間もなく楽しめるポイント。夏限定。

静岡

⻄伊⾖⼤瀬崎 1泊2⽇ 3ビーチ

ダイバー⼀押しのポイント。関東地⽅からも東海地⽅のダイバーも集まる伊⾖半島で最も有名なポイント。ENDICツアーでは、1泊2⽇が基本。名古屋を7時に出発しお昼には現地到着。午後から翌⽇午前中にかけて合計3ビーチダイブ。帰り道、リクエストにより沼津港にて地⿂ランチで疲労回復。⼤瀬崎では、運が良ければ駿河湾の深海から間違えて浅場に来てしまった珍しい深海⿂がみられる。その他、様々な数多くの海⽣⽣物を確認できるためカメラは必須アイテム。

沖縄・その他国内コース

沖縄

本島 4⽇間 4ダイブ

⼈気の沖縄の海は、世界でも有数のダイビングポイント。滞在は、北⾕または宜野湾のプチリゾートホテル利⽤。ボートダイビングでは、海洋状況によるが慶良間諸島周辺まで遠出しきれいな沖縄の海を満喫。カラフルなサンゴに⿂達やウミガメ、時には⼤物に遭遇するかも?ねらい⽬ツアーは、沖縄梅⾬明け後の6⽉末のENDICツアー。毎年スペシャルプライスで提供。

高知県

柏島 4⽇間 4ダイブ

名古屋より約10時間かけて四国は⾼知県、南⻄部に位置する⼤⽉町へ。のどかな漁村の中には素晴らしい⽔中景観を楽しむことができるエリア。伊⾖周辺の海中と沖縄の海中を⾜して⼆で割ったような海が魅⼒的。ここ柏島しか⾒ることのできない⿂もいる。とっても貴重なポイントです。

島根県

隠岐 4⽇間 4ダイブ

FDAチャーター便か?それとも⽶⼦まで⾏くか?境港でゲゲゲの⻤太郎観光をして隠岐へ。とアクセスに悩むところだが⼀度は⾏ってみたい隠れリゾート隠岐。滞在は島前、中ノ島海⼠町のリゾートホテルで滞在し隠岐の海へダイビング。中2⽇間ダイビングでダイビング後は島内観光と内容がびっしり詰まったおすすめツアー。⾒たことのないサイズのアワビにサザエ。イカに真鯛。⾷べたらわかる美味しさ満点のグルメダイビングツアー。

沖縄県

久⽶島 5⽇間 6ダイブ

沖縄、那覇で⼩型機に乗り換えて久⽶島へ。滞在は、イーフビーチホテル。⽬の前が⽩い砂浜のビーチがあり眺めも最⾼。久⽶島の海は、東へ延びるドロップオフのポイントが点在。どこのポイントへ⾏っても満⾜できるポイントばかり。最近では運が良ければマンタ?も観ることができる沖縄でも⾏ってみたい離島No.1ポイント。

海外コース

サイパン

5⽇間 6ダイブ

最近では、アクセスが不便になりグアム経由で⾏こうか?それとも成⽥経由のスカイマークが⾶んでくれるか?滞在は、カノアリゾート・サイパン。姉妹店のCMLCアルタを利⽤し透明度抜群のサイパンの海へダイビング。⾜腰に⾃信のある⼈は、ビートポイントの『グロット』へ⾏ってみるといいかも?主にボートダイビングだが海洋状況が良い場合は、ちょっと⾜を延ばして(船で約1時間30分)テニアン島付近まで⾏くこともある。ゼロ戦ポイントや、沈船ポイント、アギガンなどカラフルな⿂達を探すのも良し、珍しい宝物を探すのも良し。

フィリピン

セブ、ボホール周辺、ボラカイ島など5⽇間 6ダイブ

7000の島からなるフィリピンはダイビング王国。どこの島へいってもそこは楽園。世界各国からダイバーが集まるフィリピンは、透明度抜群の海が点在。どこの島へ⾏っても間違いなし。島によっては、ジンベイザメやギンガメアジの⼤群の遭遇することもあり世界のカメラ派ダイバーが注⽬をするダイビングポイント。

ツアーの選び方

水中カメラで魚を撮影したい!水中の景色が楽しみ!楽しい仲間がいればどこの海でも行きたい!
ステップアップしてダイビングをもっと上手くなりたい!などダイビングといっても、いろいろなダイビングスタイルがあります。
ライセンスを取得して、経験本数が20本くらいになると少しずつ自分のダイビングスタイルが決まってきます。
あなたは、どんなダイビングがしたいですか?

ダイビングがやりたいと思ったら?

まずは体験ダイビングに参加してその後ライセンスカード取得コースに参加するか、
はじめからライセンス取得コースに参加するかを選びましょう!

体験ダイビング
都市型ショップのダイビングプールでの体験や、沖縄や海外のリゾートで旅⾏の⼀部として体験ダイビングに参加する⽅法があります。
ライセンス取得
ライセンスカード(Cカード)取得コースに参加※ランクはオープンウォーターが基本です。
OW(オープンウォーター)を取得したらまず海に慣れましょう!
海という自然環境の中で活動するダイビングは、まずは『海に慣れる』が大切。
OW取得後は、海に慣れるために楽しみながらダイビングをしよう。目標は、経験本数20本。
同じ海洋地でも時期によりまた天候や潮流、潮の干満などの自然環境の違いによって生物の違いや水中景観の違いがあります。
おすすめコース!
OW取得後から経験本数20本までのおすすめコースは、日帰りコース:三木浦ダイビングパーク、手の浦ビーチ、越前海岸。いずれもビーチダイビング。1泊2日コース:西伊豆大瀬崎1泊2日コースがおすすめ。
経験本数20本に達したらいろいろなダイビングが楽しめる!
ボートダイビング!
ビーチダイビングの場合、約20kgのダイビング器材装備を身に付けて砂浜を歩いたり岩場を歩いてエントリーしたりしてダイビングを楽しみますが、ボートダイビングの場合、タンクを背負って『ザボンッ!』っとエントリー!
とっても楽なダイビングスタイルがボートダイビングです。
ただし、ビーチダイビングと違って水深が深かったり、船酔いの心配やエントリー方法など解らない部分が多い方も多いのではないでしょうか?
そんな時は、ボートダイビングスペシャリティーコースを受講すると解決!
沖縄や海外でのダイビングの80%くらいはボートダイビングなので、リゾートへ行く前には、ぜひ受講してみよう!
おすすめコース!
三木浦ダイビングパーク、越前海岸がおすすめです!
『そういえばあの魚、小さくて可愛い!』と、自分の記憶に残しておきたい場合は、大瀬崎1泊2日コースで水中写真に挑戦してみよう!

さあ、本格的にダイビングを楽しめるところまでたどり着けたましたね!
海外に沖縄、日本国内の隠れポイント等、行きたくなるダイビングポイントばかりです。
素敵な体験があなたを待っていますよ!

注意点

ダイビングは海の美しさ・楽しさを存分に体感できる反面、注意点を守らなければ時に危険な事態に陥ってしまいます。
せっかくの体験が台無しにならないよう以下のポイントに気を付けましょう。

ダイビング後の飛行機搭乗

ダイビング後すぐに飛行機に搭乗すると潜水障害(減圧症)を引き起こす場合があります。旅行の計画を立てる場合、最終ダイブから余裕があれば24時間空けて飛行機搭乗する無理のない計画を立てましょう。

船酔いが心配な人

体質によって船や波酔いを起こす人がいます。普段、車またはバスに酔いやすい人はあらかじめ酔い止め薬を服用すると良いでしょう。

食事

ダイビング前のアルコール摂取はもちろんNG。その他直前での炭酸飲料水もダイビング中にお腹が痛くなる場合がありますから注意しましょう。ランチを挟むダイビングでは消化の良いものを選ぶとですね。

トイレ/脱水症状!

パラオやフィリピンの離島でのダイビングでは、休憩時間(ランチタイム)に無人島へ立ち寄る場合があります。清潔なトイレが設置されていない場合がほとんどです。
トイレが心配だから水分補給を控え目にする。暑い南国では、適度な水分補給を行わないと脱水症状を引き起こす場合がありますから注意しましょう。
トイレ事情は、ダイビング出発前に現地スタッフから情報を得ると安心ですね。

早めの準備

初めて行くダイビングポイントは、どこでどのタイミングで器材をセッティングすればよいのか?出港のタイミングは?乗合船など他のダイバーがいる時など時間的余裕がないと慌ててしまうもの。余裕をもってタイムスケジュールを組んでみましょう。

深酒厳禁!

気の合ったダイバー仲間同士でダイビングに出かけるとどうしても夜は『お酒が進む』状態になってしまいます。ダイビング前夜は、深酒厳禁です。ダイビング期間中は十分な体調管理に努めましょう。

ダイビング便利グッズ

ウォータープルーフバックや日焼け止め。帽子にサングラス。シーズンによってはウインドブレーカーなどダイビング用品以外に用意した方が良いものが沢山あります。
シーズンや行先によって異なる為、出発前にスタッフに尋ねてみるとよいですね。

のどの渇き

ダイビング使用する空気は、非常に乾燥された空気です。ダイビング中、喉の渇きが気になる人は、加湿器を付ける。また簡単な方法では、ダイビング前にのど飴などをなめておくと効果的。ただしダイビングスタートするまでに飴は消化しましょう。

睡眠と体調管理

海という自然環境の中では時に流れのあるところで泳いだり海洋状況が急変して波が出た場合に泳ぐ力が普段より必要となる場合があります。
ダイビングをする場合は、しっかりと睡眠時間を確保し体調管理に心がけましょう。
万が一ダイビング中でも体調に異変が生じた場合は無理をせずダイビングを中止する勇気を持ちましょう。

ツアーやダイビング
全般に関する
ご相談・お問い合わせは
お気軽にご連絡ください。